ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
Rose line 打ち上げ凍結
2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.07/28(Thu)
打ち上げ凍結

野口宇宙飛行士ら7人のクルーを乗せたスペースシャトル・ディスカバリー号
(STS-114)は、今回で31回目となる打ち上げを7月26日午前10時39分(EDT)におこない
無事に宇宙へと飛びたちました。
しかし打ち上げ数分後に固体ロケットブースターの切り離しの際に機体からの2箇所からの落下物が目撃されました。誰もがあの2003年のコロンビア号の事故を思い出したのではないでしょうか。NASAによると落下した断熱材は長さ84センチ、幅24センチの大きなものであるとのことでした。現在のところ、この落下物がシャトルのボディを傷つけた様子はないとのこと。


2年半にわたる断熱材落下の調査、修理実験をもってしても、今回のように実際に同じようなことが起こるというのは、
宇宙への旅立ちには地上とは違う危険が本当に満ちているのだと思わずにいられません。


数回の打ち上げ延期、そして前回7月13日は宇宙飛行士が乗り込んだ後の中止でした。
このような状況な中でも宇宙飛行士たちは全信頼をもって待機し、ミッションを遂行するためにがんばってきたわけですが、NASAは「われわれは間違っていた。以後打ち上げを凍結する」と発表しました。記者会見の様子はしどろもどろといった感じです。


すでに宇宙へと旅立った宇宙飛行士、今後無事に地球に帰還できるのかと、不安にかられます。

今回のディスカバリー号打ち上げチャートをみてみるとアセンダントは乙女座24度でそのルーラー水星は獅子座19度にあり逆行しつつ,水瓶座16度にある逆行中の海王星とアプライのオポジッションを形成しています。前回打ち上げ中止となったときはこの水星と海王星はタイトにオポジッションであり、事実誤認、混乱、を示しており、通信、コミュニケーション、交通、旅行などには不適切なときであることを示しておりました。タンクのセンサー不具合は結局原因がつかめないまま、今回の打ち上げを行ったわけです。そしてそのチャートではアセンダントだけでなく、ディスカバリー号の役目を示すMCも双子座23度(これはコロンビア号打ち上げ時の土星と同じ度数)ですので、そのルーラーでもある水星が逆行しつつ海王星とオポジッションを形成しますから、本来の目的である宇宙ステーションへの物質補給、修理といった目的が遂行されるかどうか疑問に思えます。
コロンビア号打ち上げ時のチャートではアセンダントがすでに取り返しのつかない魚座29度にありそのルーラー木星は逆行しており海王星とオポジッションで、また水星も逆行している最中でしたね。

ルミナリーズの状態をみますと、太陽は11ハウス獅子座3度にあり土星とコンジャンクションし、8ハウスに牡羊座29度にある火星、5ハウスにある水瓶座0度にあるキロンとT-スクエアを形成しています。火星は3ハウス蠍座のルーラーですが、このルーラー火星が8ハウスにあって太陽とスクエアであるということは、3ハウスをスペースシャトルの翼とするならば、翼に落下物による損傷があることを示しているのかもしれません。一方月は牡羊座14度にありヘッドとコンジャンクションし木星とオポジッションを形成しています。月のルーラー火星が8ハウス。
ルミナリーズの状態はよくありません。4ハウスには射手座22度に冥王星があり、MCとオポジッションであり、
役目が強制的に変化する、徹底的な結果になる可能性を示しています。シャトルの今後の打ち上げ延期から、もしかしたらディスカバリー号は二度と飛ぶことがないかもしれません。




12ハウスには2ハウスのルーラー金星が乙女座4度にあり6ハウス魚座天王星とオポジッションを形成しています。2ハウスをシャトルの付属物としてみて、6=12ハウスでの金星天王星のオポジッションは人間では足を示すシャトルの前輪格納扉付近の4cm角程度の耐熱タイルの損傷を示しているのでしょうか。NASAは今のところこのことは楽観的に捕らえている様です。



シャトルが深刻な状態に陥った場合、修復を試みて、それでも回復しなければ宇宙ステーションへ避難することになります。

野口宇宙飛行士は乙女座に火星、天王星、冥王星のコンジャンクションがあり魚座にある土星とオポジッションです。
ハイテク技術を駆使したきわめて細密で詳細な分析力、調査能力、抜群の集中力をもつと思われます。この火星、天王星、冥王星のコンジャンクションにトランジットの天王星がオポジッションであり、厳しい訓練の中培われた能力が彼を初フライトながら指導者としての立場を獲得しました。



今回の打ち上げはアメリカ合衆国のネイタル蟹座14度の太陽と、トランジットの月が牡羊座14でスクエアを形成した日でした。(ブッシュ大統領の太陽ともスクエア)。


今後のシャトル打ち上げ延期の決定は今後の宇宙開発計画に大きな変化をもたらしそうです。
スポンサーサイト
【編集】 |  19:08 |  ワールドニュース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。