ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
Rose line ☆雑感?宮川大助?女性宇宙飛行士の転落?
2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.02/09(Fri)
☆雑感?宮川大助?女性宇宙飛行士の転落?
「2月5日に脳出血のため緊急入院していたことが分かった夫婦漫才師、宮川大助さんの相方であり妻である花子さんが8日(木)、東京・浅草で行われている『よしもと浅草花月』公演に1人で出演し、その後、報道陣に心境を語った

 花子さんはこの日、娘で漫才師のさゆみさんに付き添われて会場入り。大助さんの休業にともない急遽1人で舞台に立ち、その終盤では今回の件に関する笑いを入れて会場を沸かせた。

 「最初は、周囲の配慮で看病に専念するつもりやったけど、最終的にどうすればいいか分からず主人に聞いたところ“1人でやりなさい。
(花子も休んで)周りに心配や迷惑かけたらあかん!"って言われました」と夫の強い後押しがあり舞台に立てたことを告白。

「(病名を聞いて)もう、アカンと思いました。

元々、彼は高血圧で今回の病気を危惧してました。
彼がすぐに病院へ行くと決め、行った先にも外科の医師がいて早期に発見でき、本当に運がよかった」。入院当初、血圧は200を超えていたという。

 現在は「病院食では物足りていない」と大食漢ぶりをみせる元気な様子を強調した上で、「今日も舞台が終わり、すぐに電話を入れると受話器の向こうでホッとしていました。

彼は誰よりも頑張り屋で努力家。すぐには復帰できないが(余裕をみて)5月ぐらいには舞台に立ちたい。それまでは“優しい嫁"でいたいですね!」と、笑いを取る余裕も見られた。

 所属事務所によると、今後、花子さんは大助さんの復帰まで1人で活動する予定。2月20日?26日の大阪・NGKでの舞台に立つかどうかは、現在のところ未定。」

 
数少ない現役夫婦漫才コンビの宮川大助花子は大好きな漫才師のコンビです。で、大助さんのチャートをみてみました。大助さんは天秤座生まれ。

目に付いたのはネイタルの射手座5度にある火星にプログレス太陽がビンゴでコンジャンクションし、同時にその火星に対し、プログレス天王星ともスクエアとなっています。

火星と天王星のコンビネーションは教科書通り、事故、障害、手術、突発的トラブル、で、P太陽が合となっていることにより、生命(太陽)への影響ということですね。

もともとネイタルの太陽は天王星とスクエアなので、元来大助さんは頑固で、ユニーク、わが道を行くタイプですが、人生上で突発的トラブルにも見舞われやすいといえます。

他に眼を向けると、ネイタルの獅子座19度にある冥王星と水瓶座を運行中の海王星が、水瓶座19度にあり、オポジッションを形成しています。冥王星と海王星のコンビネーションは
アブノーマルな状態です。

世代相ですから、1950年代の方たち56?57歳の人たちはこの影響を受けています。なんらかのカルマ的(冥王星)発動が起こるといえます。〔冥王星はネイタルのドラゴンヘッドともスクエア〕

大助さんは乙女座に水星、土星、金星があるので、
とても几帳面で仕事熱心、な人であるでしょう。

完ぺき主義者でもあり、文字も丁寧にくずさず書くのではないでしょうか。
ネタつくりも大助さんがやっているというのはうなずけます。乙女座にある水星(思考)は強いですからね。

火のサインである射手座に火のエネルギーそのものの火星をもつので、大助さんは元来おおらかで楽天的な性質をもち、行動が過熱しやすい、大雑把になりやすい、過信しやすい面もあります。

ここ数年来、あまり健康面には気を使わず、やりたいようにやっていて、今回の病気を引き寄せてしまったのかもしれません。

火星というのは積極的なエネルギーですが、怒り、攻撃性、勇気などをあらわすので、この火星の影響下にあるときは、自分では気がつかないうちに、攻撃的になっていたり、暴力的なことを引き寄せていたりします。

やりすぎていたり、発言もタカ派的で高飛車になっていたりするので要注意ですね。

(余談ですが、私自身でいえば、現在プログレス水星とプログレス火星がスクエアという凶角をずっと形成しているので、私が言うこと(水星)は攻撃的〔火星〕になりやすい、といえます。)

花子さんも子宮ガンを克服されて、頑張ってて強いですね。

互いに支えあう夫婦として、これからも病気を克服し、活躍していただきたいですね。

さて次はNASA宇宙飛行士の転落人生についてです。

CNN記事より
「「恋敵」誘拐未遂事件で心理検査を見直し NASA
2007.02.08
Web posted at: 21:03 JST
- CNN
テキサス州ヒューストン(CNN) 米航空宇宙局(NASA)のシャナ・デール副長官は7日、スペースシャトルに搭乗した女性飛行士が「恋敵」と思い込んだ女性を誘拐しようとした事件に関して記者会見を開き、宇宙飛行士に対する心理検査を見直す方針だ、と述べた。

同時に、事件を起こしたリサ・マリー・ノワック被告(43)を30日間の休職とし、宇宙飛行飛行関連の職務から外したとしている。

デール副長官は、NASAの宇宙飛行士は普段から医学的な精密検査を受けていると報告。特に、過酷な条件下に置かれるシャトル搭乗の飛行士は、ノワック被告も含め、医学的観点だけではなく、行動面からも検査を受けていると述べた。

その上で、心理検査は独立した内容ではなく、医学検査に関連する形で実施していたとして、今回の事件をふまえて宇宙飛行士に対する心理検査を見直すという。

ノワック容疑者は昨年7月、スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗している。米海軍では中佐で、戦闘機のパイロットでもある。既婚で3人の子どもがあるが、夫とは数週間前から別居状態だった模様。

事件は今月5日早朝、フロリダ州オーランド国際空港の駐車場で発生した。

ノワック容疑者は、好意を持っていた同僚のウィリアム・オーフェリン飛行士(41)と空軍エンジニアのコリー・シップマンさん(30)が親密な関係にあると思い、恋敵と見なしたシップマンさんに空港の駐車場で襲い、誘拐しようとしたとされている。

当初は誘拐未遂と暴行などの容疑だったが、司法当局はノワック容疑者の所持品などから、殺人未遂罪などで追起訴している。
ノワック容疑者は保釈金2万5500ドルで保釈され、ヒューストンへ移動。NASAの関係者が、事情を聞くと見られている。 」

私はastronaut たちに非常な敬意を払っているんですが、STS121のクルーであったリサ・マリー・ノワック米海軍中佐の転落人生ぶりのこのニュースにびっくりしました。

で、彼女のチャートをみてみました。牡牛座19度にある太陽とトランジットの水瓶座19度の海王星がスクエア。

もともとネイタル太陽は海王星とオポジッションをもち、
ネイタルの太陽は海王星の影響を非常に受けている状態です。

女性のチャートでこの太陽と海王星のアスペクトをもつと、父親がアル中だったり、家庭を顧みないとか、問題のある父親を示しますし、また太陽は結婚後の夫像ですので、
別居状態であったことから、夫は頼りない、責任感のない男性だったかもしれません。



ものすごく困難なハードアスペクトですね。

ティーンエイジャーの息子と双子の娘がいる3人の子持ちですが、彼女をこの狂気に走らせたのは、海王星の影響ですね。

よくよくみると、牡牛座の太陽は獅子座の火星とスクエアです。牡牛座はキーワード、「私は所有する」で、物質欲も強く、粘着気質なめんがあります。

獅子座は「ラブアフェア」のサインですから、ここに火星があり、太陽とスクエアであるのは、恋愛気質でやることも派手になりやすいでしょう。行過ぎるパッションでしょうか。

この獅子座火星は残念なことに獅子座19度にあり、ネイタルの水瓶座22度の土星とオポジッション。

くわえて、トランジットの海王星がタイトにこの火星とオポジッションを形成しています。

火星と土星の組み合わせは「冷酷、サド、抑圧」を示します。

火星は女性にとっては男性を示し、この火星に欺瞞、いつわり、夢見がちな海王星がかかわり、不倫(山本モナもこの火星海王星のコンビネーションがあり、他人の男が欲しくなるといってますね)に走ったのでしょう。

火星と金星のトラインアスペクトをもつので、元来情熱的な恋愛をしますが、海王星が牡羊座にある金星(今すぐゲットしたい、我慢できない、欲しいものはすぐ手に入れるという傾向)とセキスタイルで、不倫相手に対しトンネルビジョンとなってしまい、
このような狂気にはしらせたのでしょう。

もし男性が恋愛のチャンスを得るときには男性チャートの金星、もしくは月が木星、海王星などと調和のアスペクトをとったとき、恋愛のチャンスとしてよい時機といわれます。

とくにネイタルの月とPorTの木星がコンジャンクション、トラインのアスペクトは非常に有効であるように思います。

女性飛行士のネイタルのP海王星は射手座28度にありトランジットの冥王星とコンジャンクション。

ここでもカルマ的出来事が示されています。

太陽(人生)火星(男性)土星(制限)海王星(欺瞞)でいわゆるグランドクロスですから、輝かしい宇宙飛行士としての名誉も
汚れてしまったのです。

グランドクロスもちは操縦のむずかしい飛行機にのっているようなものだといわれています。芸能人に多いアスペクトだといいますね。




ところで気になる今年の春分図ですが、ひとことでいうならば、「国家の破壊」みたいな感じです。日本政府、大荒れ状態といった感じです。

3月19日には部分月食も魚座29度というふんずまり度数で起こります。(この日、魚座29度の太陽は射手座28度の冥王星とスクエア、なんらかの外圧が日本政府におこる?)

春分図ではMC(日本政府代表、現政権)にビンゴでトラブルの☆火星がコンジャンクションしており、IC(日本国土)の獅子座にある状態のよくない土星とオポジッション。しかも土星は8ハウスの支配☆です。

国民を示すアセンダントは双子座でその支配☆水星は10ハウス魚座にあり、政府をみているものの、魚座なので不安定な状況。魚座2度のサビアンは厳しいイメージです。揺れる国民か。

また大衆を示す月はビンゴで12ハウスカスプにコンジャンクションしています。また、月は2ハウス蟹座の支配☆で日本経済、財政、金融政策などをしめします。財政政策の失敗、でしょうか。官僚や公務員を示すのは6ハウスで天秤座。その支配☆は金星で、これもまた12ハウスです。

官僚、公務員の不祥事?反乱?今に始まったことではないですけど。12ハウスの示すテロ騒ぎのような不穏な状態が起こる可能性もありますね。

火星は軍隊もあらわすので、自衛隊が出動するような事象がおこるかも。

外交面では7ハウス射手座に木星があり、土星とトラインなのでアメリカとの関係は良好でしょう。

う?ん、マンデン占星術はむずかしい。
スポンサーサイト
【編集】 |  00:24 |  芸能ニュース  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
Comment
●承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2009.06.29(月) 22:38 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。